にきびの原因から治し方、スキンケアまで、ニキビに関しての情報をお伝えする総合サイト!

ニキビ

ニキビ 化粧水

ニキビ 化粧水 成分

投稿日:

 

ニキビがある時、スキンケアには気をくばりますよね。

クレンジング、洗顔、化粧水に乳液、またメイク用品まで。

肌に合わなければ、ニキビの原因にもなります。
でも、自分の肌質を見極めて、肌に合うものに出会えればニキビは劇的に改善しますよね。

その中でも、何を基準に化粧水を選びますか?

実は、ニキビに悪い成分、ニキビに良い成分があるのをご存知でしょうか。
代表的なものを2つご紹介します。

ニキビ肌に、化粧水の成分はとても重要!

 

エタノールに注意

様々な化粧品に入っているアルコール成分の「エタノール」。
「エチルアルコール」と表示されているものもあります。

これは、ニキビのケア商品にも、普通の化粧品にも多く使われています。
成分表を見れば、かなりの化粧品にエタノールが入っていることがわかります。

私は、絶対にエタノール入りの化粧品は買いません。
なぜなら、肌への刺激がとても強く、ニキビを悪化させてしまう可能性が高いからです。

 

なぜ、ニキビケア商品にエタノールが使われているのか?

エタノールには、殺菌作用があります。
アクネ菌やその他の雑菌を殺菌する役割があるため、ニキビケア商品にも含まれることが多いのです。

 

敏感肌の人、乾燥肌の人、ニキビ肌の人、炎症が悪化している人は、エタノールが入っている商品はお勧めできません。

これらの肌質の人は、エタノール入りの化粧水をつければ、肌がピリピリしてしまうと思います。
そして、すぐに乾燥し、肌がつっぱった感じになると思います。

乾燥してしまうのは、エタノールの成分が、肌の水分を奪ってしまうから。
肌は乾燥すると、バリア機能が低下しますから、注意が必要です。

 

サリチル酸に注意

ニキビによく効く!と言われることもありますが、大人ニキビにはお勧めしません。

これも、エタノールと同じで肌への刺激がとても強いです。

このサリチル酸の役割は、主に「毛穴のつまりを解消する」こと。

皮脂量の多いオイリー肌の人、思春期ニキビの人には有効的です。

 

しかし、乾燥肌・敏感肌・ニキビ肌・炎症が悪化している人には、お勧めしません。

炎症を抑えて赤みを消してくれたり、毛穴のつまりを解消してくれたり、良い効果があるのですが、自分の肌質を考える必要があります。

 

私は、敏感肌の乾燥肌なので、エタノールも、サリチル酸もダメです。

他にも注意が必要な成分はあります。

とにかく、しっかり保湿できて、ピリピリしない、肌がつっぱらないことが大切です。

 

この化粧水は、8つのフリー、無添加でとても安心。
赤色・茶色のニキビ跡だけでなく、繰り返すニキビにも効果があります。
乳液いらないんじゃない?というくらい、しっかり潤います。



ニキビ後の肌へ保水力と浸透力でケア『Dewte』

 

-ニキビ 化粧水

Copyright© ニキビ , 2018 All Rights Reserved.